• Kurejittokādo

    カードローンは”おいしい”ビジネス。銀行の過剰融資の懸念は依然として消えず

    ここではなぜここまで様々な企業がカードローンのサービスを提供し、莫大な額の広告宣伝費を書くているかご紹介します。これだけの企業が進出しているので、カードローンは銀行にとって美味しいビジネスなことは確かです。詳細をご紹介していきます。 カードローン残高は増加中 銀行のカードローンの過度な貸付が問題となり、審査の厳格化等が多くの銀行で進めているものの、融資額が大幅に減っているわけではないようです。 最高裁がまとめた、2017年の『個人の自己破産申立件数(速報値)』は、6万8791件であり、前年と比べて6.4%増加し、2年連続で増えています。2003年をピークに件数は減少が続いていましたが、2016年には13年振りに増加となりました。これに対して日本弁護士連合会(日弁連)は、銀行のカードローンの過剰な貸し付けが問題であると指摘しています。 では、なぜ銀行はカードローン等の個人ローンの拡大に注力しているのでしょうか。その背景には、マイナス金利政策の影響を受けて、企業向け融資の利ざやが減っていることが考えられます。特に、地方銀行にとっては厳しい経営環境が継続しています。 その反面、カードローンならば、低金利下であっても10%超の金利収入を見込めます。実際に、多くの銀行では、業績にカードローンが大きく貢献しています。 銀行にとってはリスクが少なくリターンが大きいビジネス 銀行にとってカードローンは、リスクが少ないのに対し、リターンが大きいビジネス。 銀行のカードローン問題が指摘され始めてからしばらく経ちますが、カードローンから撤退した銀行はありません。 その理由として、先述の通り、超低金利下であっても10%超の金利収入が期待できるからです。さらに顧客との接点を活用して新規開拓ができることも大きな特長です。 [...]
  • Kurejittokādo

    国内クレジットカードのシェア

    2014年度のクレディセゾンの決算報告に、各クレジットカード発行会社の決済額ランキングが載っていましたので、ご紹介します。 このランキングを確認することで、日本国内において、どのクレジットカードがどの程度買い物で使用されているのか、とても分かりやすく確認することができます。 カードショッピング取扱高を書き起こし 画像に載っていた数字を書き起こしたものが以下のデータです。 ランキング1位であるクレディセゾンの割合には、クレディセゾン単体と、出資先の出光クレジット等のカードショッピングを含んでいます。 クレディセゾン:16.1%三井住友FG(三井住友カード、セディナ等):15.6%三菱UFJ FG(三菱UFJニコスやジャックス等):14.7%イオンフィナンシャル:9.0%JCB:8.5%トヨタファイナンス:7.8%楽天カード:6.4%オリコ:3.7%VIEWカード:3.5%MIカード:2.4%エポスカード:2.1%アプラス:1.6%セブン・カードサービス:1.5%その他地銀FC等:7.0% シェア別で見えるメガバンクの強さ データを見て分かる通り、三菱UFJフィナンシャルグループ系や三井住友フィナンシャルグループ系、みずほフィナンシャルグループ系の3大メガバンク関連のクレジットカード会社が、日本のカード業界を見事なまでに占めています。 これにオリコやJCBを加えれば、日本国内におけるクレジットカードの取扱高はもはや過半数以上を占めます。やはりメガバンクの力には計り知れないものがあります。 [...]
  • Kurejittokādo

    おすすめのカードローン比較

    生活費の補填や、飲食及び交際費を捻出するのに大変便利な、銀行カードローンと消費者金融。しかし、その使用方法を誤ると莫大な金額の借金を背負うことになりかねません。 実際に、銀行カードローンの貸付問題により、日本の自己破産は平成28年頃から増加し続けています。 こうした状況を受けて、サイト『お金借りるを知る』は、資金援助や生活支援で不幸になる人を少しでも減すことを目的として設立されました。当サイトでは、安心かつ安全な消費者金融を選ぶ方法や、カードローンの正しい使い方を、その道のプロフェッショナルである編集者が丁寧に説明しています。 本記事では、カードローンや国内のクレジットカードのシェア状況等を見ていきたいと思います。 カードローンを利用する前に確認すべき4つのポイント カードローンは即日で融資の資金調達ができるという点では優れた商品です。 しかし、借金をしたという履歴が信用情報に残ったり、カードローンには利息が発生したりと、デメリットもいくつか存在します。 そのため、カードローンの利用を考えている方は、事前に以下の4つの項目を必ず確認して、お金をカードローン以外の方法で借ることができないか検討するようにしましょう。 ·   [...]
  • Kurejittokādo

    クレジットカードおすすめ最強ランキング2020

    1位:リクルートカード リクルートサービス利用で最大4.2%ポイント還元 基本ポイント還元率が1.2% 等と、年会費が無料でありながらもポイントが貯まりやすいカードです。 さらに、電子マネーのチャージ時でも還元率が1.2%と、他のカードでは見られないメリット あります。 電子マネーチャージの還元率の高さが魅力 基本還元率は1.2%と、REXカードよりも低いですが、それでも他のカードと比べると高いです。また、電子マネーチャージ時も還元率が1.2%のため、nanacoや楽天Edyを利用することでポイントを二重にゲットできます。 ユーザーの口コミ どこで使用してもポイントが1.2%貯まるので、とても満足です。貯まったポイントはPontaポイントとしても利用できるので、使い道が多くとても便利です! [...]

Kurejittokādo

カードローンは”おいしい”ビジネス。銀行の過剰融資の懸念は依然として消えず

ここではなぜここまで様々な企業がカードローンのサービスを提供し、莫大な額の広告宣伝費を書くているかご紹介します。これだけの企業が進出しているので、カードローンは銀行にとって美味しいビジネスなことは確かです。詳細をご紹介していきます。 カードローン残高は増加中 銀行のカードローンの過度な貸付が問題となり、審査の厳格化等が多くの銀行で進めているものの、融資額が大幅に減っているわけではないようです。 最高裁がまとめた、2017年の『個人の自己破産申立件数(速報値)』は、6万8791件であり、前年と比べて6.4%増加し、2年連続で増えています。2003年をピークに件数は減少が続いていましたが、2016年には13年振りに増加となりました。これに対して日本弁護士連合会(日弁連)は、銀行のカードローンの過剰な貸し付けが問題であると指摘しています。 では、なぜ銀行はカードローン等の個人ローンの拡大に注力しているのでしょうか。その背景には、マイナス金利政策の影響を受けて、企業向け融資の利ざやが減っていることが考えられます。特に、地方銀行にとっては厳しい経営環境が継続しています。 その反面、カードローンならば、低金利下であっても10%超の金利収入を見込めます。実際に、多くの銀行では、業績にカードローンが大きく貢献しています。 銀行にとってはリスクが少なくリターンが大きいビジネス 銀行にとってカードローンは、リスクが少ないのに対し、リターンが大きいビジネス。 銀行のカードローン問題が指摘され始めてからしばらく経ちますが、カードローンから撤退した銀行はありません。 その理由として、先述の通り、超低金利下であっても10%超の金利収入が期待できるからです。さらに顧客との接点を活用して新規開拓ができることも大きな特長です。 […]

Kurejittokādo

国内クレジットカードのシェア

2014年度のクレディセゾンの決算報告に、各クレジットカード発行会社の決済額ランキングが載っていましたので、ご紹介します。 このランキングを確認することで、日本国内において、どのクレジットカードがどの程度買い物で使用されているのか、とても分かりやすく確認することができます。 カードショッピング取扱高を書き起こし 画像に載っていた数字を書き起こしたものが以下のデータです。 ランキング1位であるクレディセゾンの割合には、クレディセゾン単体と、出資先の出光クレジット等のカードショッピングを含んでいます。 クレディセゾン:16.1% 三井住友FG(三井住友カード、セディナ等):15.6% 三菱UFJ FG(三菱UFJニコスやジャックス等):14.7% イオンフィナンシャル:9.0% […]

Kurejittokādo

おすすめのカードローン比較

生活費の補填や、飲食及び交際費を捻出するのに大変便利な、銀行カードローンと消費者金融。しかし、その使用方法を誤ると莫大な金額の借金を背負うことになりかねません。 実際に、銀行カードローンの貸付問題により、日本の自己破産は平成28年頃から増加し続けています。 こうした状況を受けて、サイト『お金借りるを知る』は、資金援助や生活支援で不幸になる人を少しでも減すことを目的として設立されました。当サイトでは、安心かつ安全な消費者金融を選ぶ方法や、カードローンの正しい使い方を、その道のプロフェッショナルである編集者が丁寧に説明しています。 本記事では、カードローンや国内のクレジットカードのシェア状況等を見ていきたいと思います。 カードローンを利用する前に確認すべき4つのポイント カードローンは即日で融資の資金調達ができるという点では優れた商品です。 しかし、借金をしたという履歴が信用情報に残ったり、カードローンには利息が発生したりと、デメリットもいくつか存在します。 そのため、カードローンの利用を考えている方は、事前に以下の4つの項目を必ず確認して、お金をカードローン以外の方法で借ることができないか検討するようにしましょう。 ·   […]

ローンを銀行から借りる前に、正しい知識を身に付けよう!

住宅ローンを利用する際に、「融資」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。お金を必要としている者に資金を融通して貸し出すことを融資と言います。

借りる側からの表現として「借金」という、似たような意味を持つ言葉がありますが、融資と借金とではどのような違いがあるのでしょうか。

住宅ローンのお金を銀行から借りる前に、まずは融資に関する正確な知識を取得しましょう。

 

住宅ローン(銀行融資)を受けるときのポイント

住宅ローンの融資は、申し込みをしさえすれば誰でも受けることが可能というわけではありません。ローン返済に関して、銀行側に少しでも不安を抱かせてしまうと、融資を受けられない場合もあります。

ここでは、住宅ローン(銀行融資)を受ける際に抑えておきたいポイントを何点かご紹介します。

 

ポイント(1)借入希望金額を明確に伝える

銀行で融資を申請する場合には数字を明確に伝えることが大切です。銀行等は、希望の借入額に対して融資ができるかどうかを判断します。

融資の申し込み時に、「融資を受けられるだけ受けたい」、「いくらまで借り入れが可能か」等と相談すると、計画性がないと判断されてしまうため注意が必要です。

 

ポイント(2)返済プランをよく立てる

資金を必要とする理由を伝えることができても、肝心の返済プランを説明できないとスムーズに融資を受けられません。住宅ローンを申し込むと、その申込者に返済能力がきちんとあるのかを銀行側は慎重に審査するからです。

そのため、融資を受ける場合には、事前に返済プランをしっかりと立てるようにしましょう。

 

ポイント(3)複数の銀行に申し込む

銀行によって審査基準が違います。「ある銀行では融資がおりなかったが、別の銀行に申し込んだら審査が通った」ということも珍しくはありません。複数の銀行に申し込むことで、審査をスムーズに進められます。

ただし、過去にクレジットカード等の返済で延滞が生じていた場合、どの銀行でも審査時にマイナスの評価を受ける可能性があります。個人の信用情報に関してもよく確認しておきましょう。

 

個人向け銀行融資を利用するメリット

個人向け銀行融資のメリットとして、総量規制がないことが挙げられます。総量規制とは、貸し過ぎや借り過ぎを防ぐために、貸金業者を規制する仕組みのことを言います。

消費者金融のカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠等を利用して貸金業者から借り入れるとき、この規制により、年収の3分の1を超過する借り入れが原則禁止されています。年収が300万円の場合、借入できる最大金額は100万円になります。